先日のご挨拶をさせていただくために来日 » 未分類 » 昔から私に無関心な家族

昔から私に無関心な家族

読了までの目安時間:約 2分

なんだか私って、本当に家族に甘えていたみたいだなと今になって思いました。

家族は、自分の事をなんでもわかってくれると勝手に思い込んでいたのです。でも最近は、父も母も祖母も私には興味がないようで、私が体調不良でフルタイムで仕事ができなくなったという話もすぐ忘れてしまいました。「今日は帰りが早いね」と聞くと切なくなります。
最初は話をしていましたが、あまり聞いてくれている様子でもなく、次の話題へ行くので話さなくなりました。勘違いだったんです、身内だから心配してくれるというのは。もういい大人なんだし、社会人になったので仕方がないと思いました。
田舎の息子が大学受験のため単身赴任の我が家に泊まることになりました。狭い部屋ですが都心にも出やすい場所にあるため受験には便利でしょう。ホテル代もかからず親の住まいのため気も使わずに受験に行けるのです。しかし布団が一人分しか用意していないため近所の布団屋に行きぶとんを調達してきました。後は息子が食べそうな食材をスーパーで揃え新幹線でやってくる息子の到着を待つのみです。到着を知らせるメールが来たため駅まで迎えに行き一緒に我が家へ帰ってきました。部屋を見てあまりの狭さに驚いていましたが一人暮らし生活に興味を覚え合格時にはなるであろう一人暮らしの参考にしていたのです。

 

http://supraphoto.com/

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

トラックバックURL: