ホーム

正しい離乳食を食べさせるために

読了までの目安時間:約 2分

このような野菜もきちんと火を通すようにしてうらごしするか、水分のあまりない食材のときにはちゃんとすりつぶした後でお湯もしくはだし汁、野菜スープなどを混ぜてペースト状にしてあげるようにして下さい。
ただし、たんぱく質の食材の場合アレルギーが出る恐れのあるものが多数ありますので、注意しなければなりません。
ここまで問題なく離乳食を進めてこられたら、おかゆの代わりにパン粥にしたり、うどん及びそうめんなどもあげてみましょう。

こういった野菜もおかゆと同じで、こさじ1から始めてください。
離乳食をスタートさせて2,3週間ほど経過したら、次はしらすや豆腐、タラやカレイのような白身魚のたんぱく質が豊富に含まれるものをあげてみてください。

もしこの時に赤ちゃんが舌を使い口から押し出そうとするような動作をする際には、これは哺乳反射から起こる動作なので無理やり食べさせようとせずに数日あけて再度試してみるようにして下さい。
ちなみに10倍粥というものはお米対水を1対10で炊いた状態のものです。

お鍋でじっくりことこと作るのもよいですが、電子レンジまたは炊飯器で手間をかけずに作れるアイテムも売っているので、それらの商品を使ってみるのもよいでしょう。